キューバ産葉巻専門店 CubanCigar.jp

キューバ産葉巻のオンラインショップ CubanCigar.jp のオフィシャルブログです。
前の記事:   次の記事:

ハムレットとの葉巻談義

今回、パルタガス工場のLCDHに行った際、ハムレットと2時間近く葉巻談義に花が咲いたので、その中から面白いと思った内容をいくつか紹介しようと思います。

【 Edicion Limitataのラッパーが風味に与える影響 】
毎度のことですが、ハムレットが「何か吸う?」と聞くので、当然もちろんと答えたところ、マデュロラッパーで、チャーチルよりもやや大きい葉巻を持ってきてくれました。
早速薫らしてみると、これが舌を巻くほどの美味しさなのです。是非ともこのハウスシガーの素性を知りたいと思い、ハムレットに「これは誰が巻いたの?」と聞くと、意外な答えが返ってきました。

ハムレット「Do you like it?」
私「Year, of course. This is awesome smoke!」
ハムレット、にやりと笑って一言
「This is Cohiba 1966 no ring.」
私は思わず、「Oh! Really!?」と聞き返してしまいました。

なるほど、言われてみれば確かにコイーバ1966のヴィトラ、そしてラッパーカラーです。まさか1966のノーリングが振る舞われるとは思っててもみなかったので、てっきり誰かの巻いたハウスシガーかと思っていたのです。

コイーバ1966を薫らすハムレット

コイーバ1966ノーリングを薫らすハムレット

そこからこんな話になりました。まず、私がラッパーが風味に与える影響を尋ねたのがきっかけです。
私は、「ラッパーは葉巻の重量比でも僅かなので、風味への影響はないよね?」と言ったのですが、こう考えていたのには2つの理由がありました。

1つは経験則。もう1つは、ヒロシ・ロバイナの言葉です。ヒロシはラッパーについて、こう言っていました。「ラッパーは葉巻を美しく見せる、ドレスのようなものだ」と。彼の持論は──ラッパーは風味に影響を与えない──だったのです。確かにロバイナ農園のハウスシガーは非常にラッパーが薄く繊細で、これが風味に影響を与えそうだとは思えないようなシガーです。

私の質問に、ハムレットはこう答えました。
──Edicion Limitadaの葉巻(以下ELと略)は、ラッパーの風味の影響がある──と。これは私にとって、かなり意外な答えでした。

続けてハムレットは、その理由を説明してくれました。
──ELはマデュロラッパーが使われるだろ?マデュロラッパーは、通常のラッパーよりも熟成期間が長い。普通のラッパーをマデュロになるまで熟成させるとどうなると思う?
答えは、長期間熟成のため伸縮性がなくなって、巻く際に破れてしまって巻けないんだよ。だからマデュロラッパーは、通常のラッパーよりも厚みが厚い。丈夫でないと、長期間熟成に耐えないからね。もちろんラッパーとして巻く作業を考えた上での話としてね。
レギュラーシガーのラッパーの重量比は、おそらく葉巻の7%くらいだと思う。ELは10%を超える。このコイーバ1966なんかは、12~13%くらいあるんじゃないかな?
実はELを、ラッパーありとなしで吸い比べてみたことがある。1本はラッパーのある状態で吸ってみて、もう一本はラッパーを外して吸ってみた。その結果、明らかに風味が違ったよ。──

さすがはハムレット、葉巻への造詣が深いことはもとより、葉巻への情熱が違います。探究心を未だに失わずにいるんですね。この話題は、私にとっても実に興味深い話でした。

ちなみに彼はこうも言っていました。葉巻の風味を決めるのは、やはりタバコ葉だと。
──80%はタバコ葉で決まる、残り20%は巻き手のテクニックだ。だから、いくらトルセドールの技術が高くても、良いタバコ葉を使わなければ、美味しい葉巻は出来ない。逆に、トルセドールが下手でも、タバコ葉が良ければ、概ね美味しくなるよね──と。

これ聞きながら、私はこんなふうに感じていました。
ハムレット自身が、一流の巻き手であるからこそ言える余裕なんだなと。そしてハムレット自身、キューバのタバコ葉を愛し、心から信頼しているからこそ言えるんだろうなと。

【 メディオ・ティエンポ 】
コイーバ1966を二人で薫らしながら、話はベイーケに移ります。
皆さんはメディオ・ティエンポという言葉を聞いたことがありますか?
葉巻は通常、リヘロ、セコ、ボラードという、3つの異なる強さの葉を組み合わせて巻かれます。それぞれタバコの苗の部位によって分けられていて、たばこ苗の上の方から、リヘロ、セコ、ボラードとなります。リヘロは非常に風味が強く燃えにくく、ボラードは風味が軽く燃えやすい葉です。
ベイーケにはメディオ・ティエンポという種類の葉が使われていると、Habanos S.A.も公式に説明しています。しかし以前から、私の持っていた疑問は、メディオ・ティエンポって何?どんな葉?というものでした。そこでハムレットに尋ねてみました。

メディオ・ティエンポって見たことある?

──あるよ。それは通常の葉よりも小さくて、風味が非常に強い。少ししか使わないなら、それほど強い葉巻にはならない。だけど、多く使いすぎればバランスの悪い葉巻になってしまう。
言ってみれば刺身とワサビみたいなもんだよ。ワサビは辛いけど、少しだけ使うなら刺身を美味しくするだろう?要はバランスだと思うよ。──

なるほど、面白い見解です。そもそもなぜキューバ人のハムレットが刺身を知っているかと言えば、彼は日本に来たことがあり、その時に刺身を食べているのです。キューバ人は一般に辛い食べ物が苦手で、ハムレットもワサビは苦手だったらしく、自分はあまり好きじゃなかったけどね、と以前言っていたのを聞いたことがあります。

さて、未だ私は見たことがないメディオ・ティエンポ、エル・ラギート工場に行けば見られるかと聞いてみると、彼は笑いながらこう答えました。

──もちろん見られるだろうよ、そして、エル・ラギート以外では見られないんじゃないかな。──

ハムレットとこの話をした翌日、私は幸運にも再びエル・ラギート工場を訪問することが出来ました。そこでメディオ・ティエンポを見せて欲しいと、一人のトルセドーラに頼んでみたのです。
これが、そのメディオ・ティエンポです。

メディオ・ティエンポ

ベイーケに使用されるメディオ・ティエンポ

確かに、通常のフィラー用の葉よりも一回りサイズが小さいですね。メディオ・ティエンポは、リヘロよりもさらに強いタバコ苗の頂部につく葉のため、やはり葉の大きさは小さくなるようです。

ちなみにメディオ・ティエンポの熟成期間は、なんと5年間とのこと。さすがはベイーケ、5年といえば、レゼルバに匹敵する熟成期間です。もちろんベイーケのフィラー全てが5年熟成葉ということではありませんが、あの、鼻腔で爆発するようなむせ返る香りは、やはりこのメディオ・ティエンポが一役買っているに違いありません。

そしてハムレットは、ベイーケをこう表現していました。──ベイーケは、自分にとっては、とにかくクリーミーな葉巻だ──と。

【 非キューバ産葉巻のボックスに、巻いたトルセドールの名前が書かれている不思議 】
ふと思い出したように、ハムレットが私に尋ねました。──ドミニカだったかニカラグアだったか忘れたけど、ボックスの蓋裏に、トルセドールの名前が書かれたボックスを見たことある?確かダビドフかパドロンだったと思うけど。──

私はちょっと記憶になかったので、いやないかな、と答えると彼はこう話を続けました。

──そうか、私は以前そういう葉巻を見たことがあるんだけど、とても不思議に思うんだよ。何故かというと、そのボックスはきれいにラッパーカラーが揃っているんだ。──

ここまで聞いて私はピンときました。そして二人で目を見合わせて大笑い。

私は続けて尋ねます、それはプレミアムシガー?良い葉巻であることをアピールするために、トルセドールの名前が入ってるの?

──そう、かなり高価なプレミアムシガーだった。だから不思議に感じたんだよ。リオは知ってると思うけど、キューバの葉巻はどのタバコ葉も一切人工的に手を加えないよね。もちろんラッパーに着色したりもしない。だから、選び抜かれたラッパーさえも、全く同じ色になることはあり得ない。だから、巻き終わった葉巻を、ラッパーカラー別に選別して、近い色の葉巻を1つのボックスに収めるよね。
1つのボックス内では概ね葉巻の色はそろえてある、だけど、他のボックスと比べれば、ラッパーの色は全然違う。つまりキューバの葉巻は、25本入りボックスなら、最大25人のトルセドールが巻いた葉巻が入っていることになる。

でも例の非キューバ産のボックスは、25本全て1人のトルセドールが巻いたことになっている。そしてラッパーカラーは同じ色に揃っている。実に不思議だろ?ラッパーを着色しないと、こういうことは不可能だと思うんだ。実際に着色してあるかどうかは分からない。だけど、自分はこう呼んでるんだ、Painted Wrapperとね。──

プレミアムな葉巻の世界では、そのプレミアム感を演出するために、時に様々な仕掛けが実行される場合があります。巻いたトルセドールの名前入りボックスも、そのプレミアム感の演出の一つだったのでしょう。ですが、ハムレットとの会話にあるように、プレミアムシガーの作られ方を知っている者からみると、実におかしな話なのです。

謎多きキューバ葉巻ではありますが、頑なに守られているルールも数多くあります。それは、世界最高の葉巻を作り出すのに、どうしても不可欠な事柄なのです。
キューバの葉巻づくりの大切な伝統とルールが、これからも変わらないことを願います。

Posted in キューバレポート and 葉巻コラム 3 years, 3 months ago at 3:26 PM.

Add a comment

Comments(0)

以下のフォームからお気軽にコメントを残してください。
コメントの掲載には時間がかかる場合があります。ご了承ください。


コメントを残す