キューバ産葉巻専門店 CubanCigar.jp

キューバ産葉巻のオンラインショップ CubanCigar.jp のオフィシャルブログです。

メニュー: H.アップマン工場 の記事一覧

H.UPMANN工場レポート

世界最高品質の葉巻を世界に送り出すキューバ、その葉巻生産の中核施設とも言える葉巻工場は首都ハバナ市に集中しており、2008年現在、ハバナ市内に5 つの工場が稼働しています。少し古い書籍などには「ハバナ市内にある工場で生産された葉巻だけが、ハバナシガーと呼ばれ、世界に輸出されている。」と書かれていたりもしますが、ピナール・デル・リオにも葉巻工場があり、海外外交官への贈答シガーとして有名な「トリニダッド」は現在ピナール・デル・リオ工場でのみ生産されています。

またハバナ市内の5つの工場は、エル・ラギート工場、パルタガス工場、ロメオ・Y・フリエタ工場、H・アップマン工場、ラ・コロナ工場で、一般観光客が見学できるのはパルタガス工場のみとなっています。

観光客としてキューバを観光していると、明るい国民性と開放的な雰囲気から、ついここが社会主義国であることを忘れてしまいそうになりますが、主要な外貨獲得元であるキューバ産葉巻の諸施設は体制の元で厳格に管理されており、基本的にはプレス・ビザが無ければ立ち入ることも、その内部を写真撮影をすることも出来ません。

よって、ここでご紹介するH.UPMANN工場内部の写真やレポートは特別に許可されたもので、一般には見学できない施設であることをご理解下さい。当ホームページでご紹介する写真やレポートの権利はHabanos S.A.と弊社CubanCigar.jpに帰属します。許可無く複製したり転載することはおやめください。

H.UPMANN工場

総従業員数:650名
その内トルセドール:350名

H・アップマンの以前の工場は1844年から使われていてかなり古かったので、移転して今の場所になった。以前は狭いし暗いし…という、かなり悪条件の中で作業が行われていたが、現在の新工場は明るく広い。従業員達はみな新しい現在の工場へ移動した。

主にモンテクリストとH.UPMANNを製造しており、モンテクリストは他工場でも少量製造されているが、H.UPMANN工場が主な製造工場。

H・アップマン工場のスタッフ達に、パルタガス工場やラ・コロナ工場へ行きたいかと聞くと、口を揃えて「いや、ここが一番だ。」と答えるそうだ。

H・アップマン工場のスタッフ達は、ここの工場に対して、またここで巻かれる葉巻のブランドに対して誇りを持って仕事をしている。

Posted 8 years, 1 month ago at 1:52 PM.

1 comment

エントランス・タバコ葉保管室

H.UPMANN工場エントランス


新H.UPMANN工場のエントランスホール。入口から入った正面の壁面に、アップマンのロゴが掲げられています。写真に写っているのが、今回特別に工場見学と写真撮影取材を許可してくれたHabanos S.A.マーケティング・スペシャリストのホセ。

日本でマーケティング部門というと市場調査や動向把握、販売戦略などを担うセクションいったイメージが強いと思いますが、Habanos S.A.のマーケティング部門は広告宣伝活動が主な仕事とのこと。世界中の媒体で展開されるHabanos S.A.の広告は、全てマーケティング部門で管理されているそうです。

H.UPMANN工場タバコ葉保管室


Habanos S.A.で製造される葉巻用のタバコ葉は、ハバナ市の西方約150kmに位置するピナール・デル・リオ地方で栽培されています。収穫されたタバコ葉は、2~3年の年月をピナール・デル・リオの熟成倉庫で過ごし、葉巻工場に出荷されます。

葉巻工場のタバコ葉保管室では、2~3年間の熟成期間を経たタバコ葉の品質管理を主として、毎日の葉巻生産に合わせた在庫管理も行っています。このセクションは非常に責任の重い仕事で、長いキャリアを持った人々が担当しています。
ラッパー(カパ)、バインダー(カポーテ)、フィラー(トリパ)用のタバコ葉全てが、この保管室に一度収められます。




3~4日ごとにタバコ葉が入荷します。この日7日はラッパー(カパ)の入荷日で、写真は取材中に丁度テルシオ(カパを梱包したもの)が工場に届けられたところ。


梱包されたタバコ葉には、収穫年、生産地域、採取部位によるタバコ葉の強度などの情報が全て記載されています。F3は強度3の強い風味のタバコ葉でリヘロと呼ばれ、タバコ苗の上部から採取された葉を指しています。
製造する葉巻のヴィトラごとに、何のタバコ葉をどれだけ使うかというブレンドが決まっているので、このカードの情報は葉巻の製造管理上、非常に重要なものと言えます。


これはコンソラシオン・デル・ソルで、2005年収穫の葉。熟成期間は3年と長く、ピナール・デル・リオ地域で採れるタバコ葉の中でも品質の高いものとのこと。

Posted 8 years, 1 month ago at 1:51 PM.

1 comment

ラッパーの加湿作業

葉巻工場に入荷して一旦保管室で保管されたラッパー(カパ)は、葉巻の製造に使用される分量に合わせて必要量を、午前中の早い時間帯にモハという加湿作業を経ます。コロホ種という品種から採取されるラッパー(カパ)用タバコ葉は、薄く滑らかで非常に繊細な性質をしており、水気を与えることでシルクのような滑らかさを持ちます。
モハは、葉巻を巻く作業上必要となるしなやかさと破れにくさ、つまり伸縮性ををラッパー用タバコ葉に持たせるために行われます。


モハを行うために葉の根元を縛って束にされたラッパー(カパ)。


以前は手作業で行われていたモハですが、現在ではHabanos S.A.の葉巻工場でも機械化されています。機械式のモハの装置は、2000年ごろにまずエル・ラギート工場で導入され、H・アップマンでは2004年から、ラ・コロナでは2005年から使用されています。
機械化導入の理由を尋ねたところ、葉巻の品質向上が目的とのこと。手作業でモハを行うよりも均一に水気を与えられるため乾湿の収縮ムラが出にくく、最終的な葉巻の仕上がりが向上するようです。

モハは午前中の早い時間に行います。何故かというと、ハバナは昼になると湿度が高くなるので、そうなるまえに作業をすることで湿度を管理しやすくします。


モハの装置内では葉をつるした棒が回転して、霧状の水がかけられます。マデューロで約2時間、クラロで45分程度モハが行われます。
モハを行うとアンモニア臭が発生するので、モハの装置内は気密性の高い造りになっています。

Posted 8 years, 1 month ago at 1:47 PM.

1 comment

タバコ葉梱包の解体から選別

この部屋では、梱包からタバコ葉を取り出し、葉巻を巻く作業が行えるように一枚一枚タバコ葉を分けて、さらにタバコ葉の状態をチェックして選別作業が行われます。ここで取り扱われるのはバインダー(カポーテ)とフィラー(トリパ)のみで、ラッパー(カパ)はモハを経たのち、別の作業室で選別が行われます。


梱包を解いたら、タバコ葉が乾きすぎてないか量りににかけて重量を確認します。ピナール・デル・リオの熟成倉庫出荷時に計量された重さがカードに記載されているため、重さを量ることでおおよその乾湿状態が把握できます。






選別は葉の大きさ、色、手触りなどを基準に行われ、熟練者は手触りだけで葉の性質を見分けることが出来ます。


タバコ葉の湿気が適度かどうかを確認した後、少し保管して寝かせます。湿気が多い葉は、別室で1~2日保管して適度な湿気となるよう落ち着かせます。取材した日は量が少なかったのですが、普段はもっと多くの葉が寝かせられているとのこと。



Posted 8 years, 1 month ago at 1:44 PM.

Add a comment

ラッパーの選別と主脈取り

この葉脈取り部屋(デスパリージョ)では、モハで加湿されたラッパー(カパ)の、選別(レサガード)、葉脈取り(デスパリージョ)が行われます。


デスパリージョで働くのは女性が多く、これは繊細な取り扱いが求められるラッパー(カパ)の選別作業には、女性の繊細さが適しているため。カパは製作コストが最もかかるタバコ葉なので、特に丁寧な取り扱いが求められます。

モハから出したカパは、午前中のうちに選別と葉脈取りの作業を終えます。
選別は、熟練した経験をもとに大きさ・色・手触りで分類していきます。葉が破れているラッパー(カパ)は、小さいヴィトラに使用します。


ここでは1人が1日に、1500~2000枚の葉脈取り(デスパリージョ)を行っています。ただしマデューロなどは油分が多く発酵が進んでいるため破れやすく、まだ少ない枚数しか処理できないとのこと。
作業は概ね、湿度の安定している午前中までに終わらせます。




取り除かれたラッパー(カパ)の葉脈。これらは捨てずに、タバコ農園の肥料として再利用されています。




噴霧装置。湿度が低い日は、ラッパー(カパ)の湿度を維持するために、この装置で室内が加湿されます。

Posted 8 years, 1 month ago at 1:41 PM.

1 comment