キューバ産葉巻専門店 CubanCigar.jp

キューバ産葉巻のオンラインショップ CubanCigar.jp のオフィシャルブログです。
前の記事:   次の記事:

キューバの首都ハバナでの葉巻ショップ巡り

2011年7月キューバ渡航では、レアシガーを求めてハバナ市内の葉巻ショップほぼ全て(14店舗)を巡りました。あくまで私個人の感覚ではありますが、お勧め度を5つ星★★★★★で評価してみましたので、キューバに行って葉巻を買うご予定のある方は、ご参考にされてみてください。

ハバナ市内で、実際に行ってみた葉巻ショップ14店舗smallmap500pix


ホテル バレンシアの葉巻ショップ

お勧め度:★★★
ホテル バレンシアの1階にある葉巻店。La Casa del Habanoではありませんが、Habanos S.A.の葉巻を取り扱う正規葉巻店です。
あまり品揃えは多くなく、ウォークインヒュミドールも備えていないショップです。店内も広くないので、店自体がウォークインヒュミドールなのでしょう。常駐スタッフが1名しかいないのか、食事に出ていて店が閉まっている時があります。

hotel_valencia_1ホテル バレンシアの外観です

hotel_valencia_2店の入口 かなり分かりにくいです

hotel_valencia_3上の写真の入口を入ると、右側に店があります

hotel_valencia_4店内写真

hotel_valencia_5葉巻の品ぞろえは、写真に写っているもので全てです

ホテル コンデ・デ・ヴィジャヌエバ La Casa del Habano
お勧め度:★★★★★

シガー愛好家の巣窟、ホテル コンデ・デ・ヴィジャヌェバです。店は2階にあります。
この店にはマスタートルセドールのレイナルド・ゴンザレス氏がいて、氏のハウスシガーを目当てに世界から多くの葉巻愛好家が訪れます。ちなみに…ハバナ市内の La Casa del Habano 8店舗にはそれぞれの店に専属のトルセドールがいて、ハウスシガーを巻いています。
キューバへ行かれたら、是非訪れてみて欲しい店の一つです。

hotel_conde_de_villanueva_1ホテル コンデ・デ・ヴィジャヌェバの外観

hotel_conde_de_villanueva_2ホテルの入口

hotel_conde_de_villanueva_3便宜上ホテルと呼んでいますが、正確にはオスタル(小さめのホテル)ですね

hotel_conde_de_villanueva_4入口を入って正面の中庭「パティオ」

hotel_conde_de_villanueva_5右手を見上げると、La Casaの看板が見えます

hotel_conde_de_villanueva_6階段を二階に上がって…

hotel_conde_de_villanueva_7店の入口です

hotel_conde_de_villanueva_8店内は3室に分かれていて、店全体がウォークインヒュミドールになっています

hotel_conde_de_villanueva_9左側の部屋 バーエリア

hotel_conde_de_villanueva_10右側の部屋 ハウスシガールーム
金の取っ手のついたロッカーにハウスシガーがストックされています。

hotel_conde_de_villanueva_11
hotel_conde_de_villanueva_12左がマスタートルセドールのレイナルド・ゴンザレス氏です

hotel_conde_de_villanueva_13この机でハウスシガーが巻かれます

hotel_conde_de_villanueva_14

パラシオ・デ・アルテサニ-アの葉巻店
お勧め度:★★★★
ハバナ旧市街キューバ通り(Calle Cuba)、ホテル サンミゲル(Hotel San Miguel)の並びで、観光馬車やお土産用の小物ショップなど並ぶ一角にあります。ホテル バレンシアの葉巻店と同じく、非常に見つけにくいお店です。
中へ入ってみると店内は意外に広く、立派なウォークインヒュミドールを備えています。

palacio_de_la_familia_1この看板が目印です。すぐ横にある入口が建物入口です

palacio_de_la_familia_2建物入口 入って左側に店があります

palacio_de_la_familia_3
palacio_de_la_familia_4これが葉巻店の入口です。実に見つけにくいですね

palacio_de_la_familia_5店内写真 奥の突き当たりがウォークインになっています

palacio_de_la_familia_6ウォークインヒュミドールの入口

palacio_de_la_familia_7品ぞろえは、なかなか豊富です

ホテル ナシオナル・デ・クーバ La Casa del Habano
お勧め度:★★★
キューバで最も格式の高いホテル「ナシオナル・デ・クーバ」にある、La Casa del Habano です。入口はホテルの入口に向かって右側の1階にあります。店内は1階と地下1階のメゾネットになっています。
2フロアあるので店内は広々としているのですが、ここのスタッフはあまり仕事熱心な感じではないので、個人的にはあまりお勧めできない感じです。
格式は高いホテルですが、かなり古い建物ですので泊まるなら別のホテルをお薦めします。

hotel_nacional_1店の入口

hotel_nacional_2
hotel_nacional_3入口を入って右側に、地下1階へ降りる階段があります

hotel_nacional_4地下1階 販売メインフロア

hotel_nacional_5写真右手に見えるのがウォークインヒュミドール

hotel_nacional_6品ぞろえは、まぁまぁといったところ

hotel_nacional_7ストック量はそれなりにあるのですが、種類が少ないですね

hotel_nacional_8スモーキングラウンジ

hotel_nacional_9
hotel_nacional_10バーエリア

hotel_nacional_11一風変わったオリジナル商品も売られていました

hotel_nacional_12

ホテル メリア・コイーバ La Casa del Habano
お勧め度:★★★★
私の定宿 ホテル メリア・コイーバの2階にある La Casa del Habano。葉巻の量はそれほどでもないのですが、意外なレアシガーが眠っていたり、用品関係が充実しているお店です。
La Casa は、どの店でも ①ウォークインヒュミドール ②バーコーナー ③スモーキングラウンジ を備えていますが、ここのLa Casaは5つ星ホテル内に店を構えているだけあって、バーコーナーで軽い食事をとることも可能です。

hotel_melia_cohiba_1専属のトルセドール

hotel_melia_cohiba_7店の入口

hotel_melia_cohiba_8ウォークインヒュミドール入口

hotel_melia_cohiba_9隅々まで探すと、掘り出し物が見つかるかもしれません

ホテル パルケ・セントラルの葉巻ショップ
Neptuno, esquina Prado y Zulueta, Havana, Cuba, Havana 10100, Cuba
お勧め度:★★★
La Casaではない葉巻ショップが中2階にあります。このホテルはパルタガス工場から近いので、ついでに足を伸ばしてみるのも良いかもしれません。ただこの店は、葉巻の品ぞろえがあまり豊富ではないのと、なぜか落ち着かない店内ということで個人的に星3つ評価となりました。
しかしこのホテルのアトリウムは素晴らしいですね。一度泊まってみたいなと思えるようなホテルでした。(追記:2011年11月渡航の際、泊まってみました。私が泊まった部屋は部屋も広く、インターネット常時接続(キューバのホテルでは貴重)で快適でした)

hotel_parque_central_1葉巻ショップよりも気に入ってしまったホテルのアトリウム

hotel_parque_central_2
hotel_parque_central_3中2階 店の入口

hotel_parque_central_4店内写真

hotel_parque_central_5Habanosロゴのポロシャツなども販売

hotel_parque_central_6スモーキングラウンジ

hotel_parque_central_7ウォークインヒュミドール

hotel_parque_central_8品ぞろえは今ひとつ…

パルタガス工場 La Casa del Habano
お勧め度:★★★★★
工場見学ツアーも開催されていることから、キューバで最も観光客が多く訪れる葉巻工場です。葉巻を求めてキューバへ行ったなら、一度は足を運んでおきたい工場ですね。
正面入口を入ってすぐ、1階右側にLa Casa del Habanoの葉巻ショップがあります。ここはとにかく観光客がひっきりなしに訪れる観光スポットなので、店内はいつも賑やかです。一見すると暗く殺風景な店内で、品ぞろえもそこそこにしか見えないのですが、実はVIPルームの扉の向こうにウォークインヒュミドールがあり、そのなかの品ぞろえは「さすが工場のお膝元!」と思える内容です。VIPルームへは、VIPしか入れないわけではないので、店のスタッフに一声かけて是非入ってみて下さい。

fabrica_de_tabacos_partagas_1パルケ セントラルに面した旧市街に建つ、パルタガス工場の正面ファサード

fabrica_de_tabacos_partagas_2工場の入口玄関

fabrica_de_tabacos_partagas_3建物玄関を入ってすぐ右側に、La Casa del Habanoの入口があります

fabrica_de_tabacos_partagas_4写真は7月撮影で、キューバ観光としては閑散期なのですが、この観光客の数です
写真中央のドアがVIPルームの入口

fabrica_de_tabacos_partagas_5
fabrica_de_tabacos_partagas_6
fabrica_de_tabacos_partagas_7VIPルーム

fabrica_de_tabacos_partagas_8ウォークインヒュミドール
品ぞろえはピカイチです、ここでしか買えないものも…

fabrica_de_tabacos_partagas_9
fabrica_de_tabacos_partagas_10
fabrica_de_tabacos_partagas_11
fabrica_de_tabacos_partagas_122011年7月渡航時の葉巻買付品

fabrica_de_tabacos_partagas_13

ロミオ Y フリエタ工場
お勧め度:★★★★
元々の建物はクエスタ・レイ、正面入口にはH.アップマンの表札が掛かっているのに現在はロメオ工場なのがここです。本当にロメオ工場?と思われるかもしれませんが、タクシーに乗って「ファブリカ ロメオ イ フリエタ」と言えば、必ずココへ着きます。空色の外壁が特徴的な建物です。
この工場1階には、友人であるマスタートルセドールのハムレットがマネージャーを務める葉巻ショップがあります。2011年11月現在、La Casa del Habanoのライセンス申請を行っているとのことですが、まだ取得できていないようです。
葉巻の品ぞろえは、La Casaと比較するとやや少ないのですが、なぜ星4つにしたかと言うと、それはハムレットのハウスシガーがあるからに他なりません。ただこのハウスシガー、店に行けば買えるというものではありませんのでご注意下さい。

fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_1
fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_2元々はキューバの葉巻ブランドだったCUESTA REY

fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_3写真中央が工場の入口玄関

fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_4入口玄関横にはH.アップマンの表札が

fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_5ロメオ工場の葉巻ショップ入口は、建物入口玄関の右側にあります

fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_6店内写真

fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_7この店も観光ルートに組み込まれていて、ハイシーズンには多くの観光客が訪れます

fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_8マスタートルセドール ハムレット

fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_9バーカウンターも併設されています

fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_10
fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_11ハムレットが葉巻を巻く作業机

fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_12ラッパーを巻き上げる前に、木型で葉巻をプレスします

fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_13ウォークインヒュミドール

fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_14VIPルームとも繋がっています

fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_15
fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_16
fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_18VIPルームにてハムレットと

fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_20
fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_21
fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_22
fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_23
fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_24
fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_25
fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_26ヴィトラリオポスターにサインしてくれているハムレット

fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_27
fabrica_de_tabacos_romeo_y_julieta_28葉巻の保管管理について絶対的に信頼できる店なので、
毎回ハムレットの店でも葉巻買付を行っています。

メルカデレスNo.120
お勧め度:★★★
ハバナの旧市街、メルカデレス通り120番地にある葉巻ショップです。一見、葉巻ショップには見えないので、うっかりすると見落として通り過ぎてしまいます。入口上のステンドグラスにLA CASA DEL HABANOと書かれていますが、恐らく違うと思います。何故かというと、品ぞろえが圧倒的に少ないからです。なのでこの店は、たまたま前を通りかかったら、チラッと見てみる程度で良いでしょう。
この葉巻ショップの右側に、上のフロアへ上がる階段がありますが、その階段を上がると葉巻博物館があります。キューバの葉巻の歴史を知る上では貴重な資料が展示されていますが、一般受けする内容ではありません。見学料を請求されますが、釣り銭を持っていないと言い張られますので、細かいお金を持ってから行ってください。でないと、10CUC取られたりします。

mercaderes_no120_1店の正面全景

mercaderes_no120_2メルカデレス通り120番地にあります

mercaderes_no120_3店内写真

mercaderes_no120_4

5ta y 16 La Casa del Habano
お勧め度:★★★★★
La Casa del Habano発祥の店で、5番ストリートと16番アベニューの交差点角にあります。この店は、Habanos S.A.の重鎮、エンリケ・モンス氏が立ち上げた店で、旧市街からは離れていますが、非常に素晴らしい店です。2011年11月現在、カルロス・ロバイナ氏(故ドン・アレハンドロ・ロバイナ翁の息子さんで、ロバイナ農園の現農園主ヒロシ・ロバイナのお父さん)がマネージャーを務めています。
葉巻の品ぞろえはとても豊富で、他の店で探しても見つからないものが、この店で見つかったりするので、ハバナへ来たら、必ず立ち寄りたいLa Casaとなっています。

5ta_y_16_1建物外観

5ta_y_16_2大きなステンドグラスが、ファサードの骨格を形成しています

5ta_y_16_3店の入口

5ta_y_16_4ウォークインヒュミドール

5ta_y_16_5スモーキングラウンジ

5ta_y_16_6バーカウンターも併設されています

5ta_y_16_7店内装飾の一つ一つにこだわりが感じられる、上質な空間です

5ta_y_16_8
5ta_y_16_9ウォークインヒュミドール

5ta_y_16_10
5ta_y_16_11VIPルーム

5ta_y_16_19ドン・アレハンドロ・ロバイナ翁ゆかりの品が、多く飾られています

5ta_y_16_20
5ta_y_16_21
5ta_y_16_22店の奥はレストランになっています

エル・アルヒーベの葉巻ショップ
お勧め度:★
エル・アルヒーベというレストランに併設された葉巻ショップです。乗っていたタクシーのドライバーが知っていたので連れて行ってもらったのですが、葉巻ショップとしてはイマイチでした。
まずこの店は品ぞろえが良くないのと、商品の葉巻が、葉巻の煙でさんざん燻されていて、ボックスがヤニだらけでした。葉巻の管理に疑問を感じる店です。

el_aljibe_1レストライン入口門扉の表札

el_aljibe_2エル・アルヒーベというレストランのようです

el_aljibe_3レストラン外観

el_aljibe_4レストランの内部

el_aljibe_5葉巻ショップの外観

el_aljibe_6ウォークインヒュミドールはなく、壁の棚に葉巻が置かれています

ホテル メリア ハバナ La Casa del Habano
お勧め度:★★★★★
五つ星ホテル「メリア ハバナ」にある、La Casa del Habanoです。この店は、葉巻の品ぞろえ、そして店の造り、どちらを取っても隙のない、素晴らしい店です。ハバナへ行ったら、是非一度は足を運んで欲しい店ですが、旧市街から結構離れているのが唯一の難点ですね。タクシーで20~30分程度かかります。
このメリア ハバナというホテルは結構大きいので、店の場所が見つけにくいと思いますが、このLa Casa del Habanoはロビー階の一つ下の階にありますので、まずはロビーから1フロア降りて下さい。トラベルツアーカウンターを過ぎて、美容院、フィットネスジムの先に店はあります。

melia_havana_1店の外観

melia_havana_3店内写真

melia_havana_4店内中央には、ゆったと葉巻を薫らせられる上質なソファーが用意されています

melia_havana_5もちろんバーカウンター完備、お酒も楽しめます

melia_havana_6写真中央に小さく移っているのがVIPラウンジ

melia_havana_7ディスプレイのキャビネット一つとってみても、大変立派です

melia_havana_8左のドアの奥はプライベートロッカー 右側がウォークインヒュミドール

melia_havana_9ウォークインヒュミドールの入口

melia_havana_10ウォークインヒュミドールの内部

melia_havana_11このように、品ぞろえは大変豊富です

melia_havana_12

ホテル パルコ La Casa del Habano
お勧め度:★★★★
ホテル パルコという四つ星ホテルにあるLa Casa del Habanoです。この店は、葉巻の品ぞろえもなかなか良いのですが、用品類が充実しているようです。旧市街から近ければ星5つでお勧めするのですが、いかんせん遠いです。時間帯にもよりますが、タクシーで40分程度かかることもあります。
この店で面白かったのは、底抜けに明るいショップのお姉さんがいることです。彼女は名刺を持っていないので、名前を書いたメモ紙をもらったのですが、日本へ帰ってきてこれを見てみると、どうにも文字が読めません(笑)
店へ行ってみて本人に会えば「あぁ、この人がネ。」とわかるくらい明るい人なので、興味があれば足を運んでみてください。

hotel_palco_2店の入口外観
ホテル入口を入って左に進み、ずっと奥まで行くと、店にたどり着きます

hotel_palco_3店内写真

hotel_palco_4
hotel_palco_5ウォークインヒュミドール

クラブ ハバナ La Casa del Habano
お勧め度:★★★★
クラブ ハバナは、会員制のビーチリゾートクラブです。年会費$1,500で会員になれますが、ビジターフィーを支払ってゲスト利用することも可能です。このリゾートクラブは結構重要な施設のようで、敷地へ入るセキュリティーが大変厳しくなっています。
クラブハウス前のロータリー左側に、このLa Casa del Habanoはあります。葉巻の品ぞろえとしてはまぁ悪くないのですが、店は何となく閑散としています。ホテルと違って観光客が滞在しているわけではないことが理由だとは思いますが、逆にゆっくり葉巻を選ぶには良いかもしれません。ですが、旧市街からはかなり遠いので、全葉巻店をまわるつもりなのでなければ、外しても良いでしょう。
ただ、この店には一点重要なポイントがあります。この店は、5ta y 16を手掛けたLa Casa del Habanoの生みの親、エンリケ・モンス氏(Habanos S.A. 元マスター オブ クオリティー コントロール)がプロデュースしたもう一つの店なので、退職された今でも、時々氏が店を訪れます。氏の巻いたハウスシガーは、本当にスペシャルな味わいのものですので、もし会うことが出来たらオファーしてみてください。

club_habana_1店の外観

club_habana_2ウォークインヒュミドール

club_habana_4
club_habana_5専属トルセドールが葉巻を巻く作業机

club_habana_6スモーキングラウンジ

club_habana_7小さなバーカウンターも設けられています

club_habana_8プライベート シガーロッカー
※写真のおじいさんはエンリケさんではありません

club_habana_9この店のハウスシガー なかなかポテンシャルが高い葉巻です

club_habana_10ギリスでただ一つのLa Casa del Habanoオーナーのロッカーを発見
パルタガス・フェスティバルで面識の出来た方ですが、ビンテージシガーの
コレクションがハンパではない方です。

club_habana_11実は、表に見えているウォークインヒュミドールとは別のバックヤードにも
数々の葉巻がストックされています。

club_habana_12
club_habana_13このダンボールに入っているのは、ハウスシガーを巻く前のタバコ葉
結構な量ですね

マリナ ヘミングウェイ La Casa del Habano
お勧め度:★★★
ハバナで唯一のフリーポート「マリナ ヘミングウェイ」にあるLa Casa del Habanoです。
ここで言うフリーポートとは何かというと、民間外国人が船でこの港から入国できる唯一の施設という意味です。そう、クルーザーでメキシコから乗り付けて上陸することが可能なワケです。
しかしハバナの旧市街からここを訪れるのは、距離的に大変です。今回訪れた葉巻ショップの中で、ここが最も遠い店でした。何か特色があれば良いのですが、葉巻の品ぞろえも悪く、これといって特筆する点もないため星三つとなりました。

marina_hemingway_1店の外観

marina_hemingway_2一応 La Casaのようです

marina_hemingway_3夕方5:00には閉まってしまうので、行くならお早めに

marina_hemingway_7ウォークインヒュミドール …と、お店の女性スタッフ

marina_hemingway_8La Casaにしては、品ぞろえがあまり良くないですね

marina_hemingway_9専属のトルセドーラ

marina_hemingway_10
marina_hemingway_11数種類のヴィトラのハウスシガー

Posted in キューバのLa Casa del Habano and キューバレポート 5 years, 7 months ago at 10:47 PM.

2 comments

Comments(2)


コメントを残す