キューバ産葉巻専門店 CubanCigar.jp

キューバ産葉巻のオンラインショップ CubanCigar.jp のオフィシャルブログです。
前の記事:   次の記事:

旅のレポート 1・2日目

今回のキューバ訪問が葉巻に関する事を目的としていたため、公開する情報も葉巻に関わることが大半ですが、ここでは、それ以外の旅の記録も含めた旅行記を、レポートとして残しておきます。キューバ旅行の一情報として読んでいただければ幸いです。

記述の中には、細々としてどうでも良いような事も書いていますが、案外そういうことが現地に行った際に役立ったりするかもしれない…と思ったりしたので、そういったことも書いています。読むのが面倒くさかったら読み飛ばしてください。

● 1日目(2008年7月4日)

AM10:55の便で北九州空港から羽田空港へ。その後リムジンバスで羽田から成田空港第一ターミナル南ウイングへ移動。PM5:00、エアーカナダのトロント直行便出発。フライト時間は約12時間。久々に長時間のフライトだ。かなり時間をもてあます覚悟でいたが、意外に長い時間寝ることができて助かった。
ただ、入国カードを配るときも熟睡していたため、カード未記入のまま降機し、カード記入のあと入国審査の長い列の最後尾に並ぶことに…。入国審査カードや税関申請のカードは、やはり機内で書いておくべきだと反省した。

日本からキューバへのトロント乗り継ぎは、どうしても一泊必要なため、空港から約4キロのビジネスホテルへタクシーで移動。メーターの無いタクシーで、料金はCAN$30…かなり高い。このタクシーの運転手、イスラム系の男で、中東の音楽を大音量で流すのにはまいった。

カナダは初めてで、空から見るトロント近郊の町並みは緑と森の点在する美しいものだったが、地上を走ってみると以外に雑なつくりだ。道路なども結構デコボコで、日本の道路がきれいだと言われる意味が理解できる。
夜はホテル周辺で食べようと思ったが、空港近くのホテルだったため周りに店がなく、部屋で日本から持っていった食事を取り軽く済ます。サマータイムのためか日が暮れるのが遅く、8時半くらいになってようやく外が暗くなった。
窓から外の景色を見ていると、なんとなく物悲しい感じがする。昔父親がカナダに出張したときのことを「寂しい気持ちになる」と話していたのを思い出した。整然としていて綺麗なのだが、人の気配が極端に少ない。

● 2日目(2008年7月5日)


朝5:45に起き、6:15のシャトルバスでトロント空港へ。普段なら絶対に起きない時間だ。この季節のトロントは、昼間は30度近くまで気温が上がるが、早朝は20度を切る気温で肌寒い。
エアーカナダのハバナ行きのチェックインを済ませ、セキュリティー検査のあと搭乗ゲート近くのファーストフード店でトーストとベーコンの朝食を取る。


ファーストフード店の店員は黒人で、まったく愛想が無い。そう言えば、この国に来てから、まだ微笑みかけてくる人をほとんど見ていない気がする。まぁ日本も無愛想といえば無愛想だが、カナダよりは断然愛想がいいようだ。

8:30、トロント国際空港を離陸。ハバナまでは3時間半のフライトだ。
エアーカナダの飛行機だが、空港で見た限り機体はどれも新しく、機内の設備も整っていて快適に過ごせる。国際線のビジネスクラスなどは、完全に横になって寝れるシートのようだ。私はエコノミーだが、それでも日本の航空会社よりもシートの前後間隔が広いと感じた。ただ食事は大したことはない。
正午前、ハバナ空港への着陸態勢に入る。窓から見るキューバは、緑が豊かで、開発されていない国といった感じがする。道路は赤土の道が多く見えるし、建物もカナダで見た整然としたそれとは大きく異なっており、数も少ないし、まばらにしか建っていない。
正午、入国審査でいくつか質問をされた。まず名前を確認された。私の名前は「RIOか?」と聞くので、「そうだ、RIOだ」と答えておいた。RIOはスペイン語で「川」の意味なので、日本人なのに変な名前のヤツだと思ったのかもしれない。だいたい入国審査官というのは難しそうな顔をしてこちらを緊張させる割に、大したことを聞いてこない。他には「バケーションか?」「キューバに来るのは初めてか?」などと聞かれたが、すべて「そうだ、バケーションだ」「そうだ、キューバは初めてだ」と答えておいた。これらのことは全て入国審査カードに書いていたのではあるが…。
エアーカナダは機内で入国カードのほかに税関申告カードを配ったが、税関らしきものは無かった。預けたスーツケースを取った後、申告カードには書かなかった日本酒4瓶のことを聞かれはしないかと構えていたのだが、あっさり到着ロビーに出てしまった。ちなみに酒類の持込は2本らしいが、お土産なのだから仕方が無い。これは非常に重くて面倒なお土産だったが、Joseたちが喜んでくれるといいのだが。

エアーカナダにライターを没収されたので、空港の売店でライターを買う。ロビーでは早速シガーの香りがどこからか漂ってくる。「あぁ、キューバに着いたんだな」という実感がわいた。それと同時に、ムッと来る湿気と暑さを感じた。おそらく日本の真夏くらいの気候だろう。いや、日差しはもう少し強いか…。

空港内でいくらかの日本円を両替し、タクシーでホテルに向かう。ちなみに両替のレートは120円で1CUC(兌換ペソ)だ。大雑把に言えば、US$に両替して1割上乗せされたぐらいだと思っていればいいようだ。


タクシーはクーラーなどついておらず、窓全開で空いた道路を疾走する。一度は時速90キロと表示されているメーターを見たが、次に見たときはもっとスピードが出ていたのに時速0キロだった。どうやらメーターは壊れているらしい。
運転手は顔に良い皺の刻まれた60歳くらいの男で、陽気な笑みを浮かべている。キューバ音楽をかけ、どうだい?良いだろう?という顔をする。明るく人懐こく、私はホッとしたような気持ちになった。この爺さん、音楽に合わせて歌ったりしているのだが、口笛を吹き出したとき、その上手さに思わず舌を巻いた。キューバ人と音楽とは、切っても切れないものなんだなと改めて思った。

車窓から見える景色は貧しいものだ。国にお金が無いことをしらしめられる。車はどれも古く、中には濛々と白煙を上げて走っている車もいる。交差点には信号がほとんどなく、その交差点にはたいていどこでもヒッチハイク待ちをしている人たちがいる。キューバは政府がヒッチハイクを推奨しているのだ。石油が不足しているのだろうか…。しかしキューバはアメリカから経済制裁されているが、ベネズエラから支援を受けている。ベネズエラは石油産出国だから、意外に石油はあるが車が無いだけなのかもしれない。

空港から20分ほど走って、ホテル メリア・コイーバに午後1時前に到着。外観は埃をかぶったあまり綺麗とは言いがたいホテルだったが、ロビーへ入ると広く清潔でなかなか豪華なつくりだ。さすが5つ星といった雰囲気である。


チェックインしようとしたところ、3時にならないと部屋に入れないというので、2階にあるLa Casa del Habanoに行ってみた。メリア・コイーバのLCDHはそれほど品数も多くなく、こじんまりとしている。そこでパルタガスのセリーD4とプライベートロールシガー3本を買って、併設のバーで時間をつぶすことにした。


ハモン・イベリコのホットサンドとコーヒーで昼食を取り、プライベートロールシガーに火をつけた。おぉ…、これは今まで吸ったことの無い味わいだ。ショップのプライスタグはCOHIBAのバンド無し品となっていたが、これは明らかにCOHIBAとは違う。ミディアムフルなボディーで、香ばしさと若干の塩味が効いている。確かにキューバンシガーではあるが、はじめは慣れない味に「これはどうかな…」と思っていたが、最後までキッチリ吸い尽くしてしまった。なかなか旨かったようである。


そしてこのバーで、Habanos S.A.のマーケティング責任者のJoseに電話を入れる。何でも明日が母親の誕生日で来れないので、今日ホテルに寄ってくれるそうだ。ただ私がまだチェックインしておらず、部屋番号がわからないので、チェックインしたら電話すると言って電話を切った。

ここでキューバでの携帯電話事情について書くと、私はauとsoftbankを持っているのだが、softbankはキューバではローミングできない。auはローミング可能で、携帯メールはできないが、通話だけは可能だ。ただ、auは海外ローミングできる機種が非常に少ないので、私は成田空港でレンタルしておいた。通話料は日本への発信が1分380円、着信が1分190円、キューバ国内への電話が1分80円となっている。キューバ国内で電話をかけるときは、国番号をいれずにダイヤルすれば掛かる。
渡航前はキューバ唯一の携帯電話会社キューバセルの携帯をレンタルしようかと思ったが、通話料が1分50~80円くらいかかるので、それなら日本の携帯を持っていってローミングしてもあまり大差ないため、auの携帯を持っていくことにした。
それとメリアコイーバのインターネット事情についてだが、事前情報で部屋でのインターネットはダイヤルアップのみ可能と聞いていた。同じく部屋からインターネット接続できるのはホテルナショナルと、サラトガだが、メリアコイーバとナショナルホテルは、部屋からのダイヤルアップ接続になる。もしかして部屋でLANが使えるのではないかと思いLANケーブルも持ってきたが、LANコンセントが部屋になかった。また、無線LANの電波も部屋では全く入らなかった。
ではどうやってインターネットをするかというと、1階のビジネスセンターで出来るほか、1時間6CUC払って無線LANの利用券を購入すると、1階のロビーで無線LANが使用できる。これはアカウントとパスワードを利用した時間制で、時間になるとキッチリ使えなくなる。
通信速度はお世辞にも早いとは言えず、6KB/sec程度しか出ていない。よって、大きなサイズのファイルなどはダウンロードできないと思っておいたほうが良いだろう。ただ、WEBの閲覧やメールチェック程度なら、そう問題なく利用できる。
ちなみにサラトガホテルは全室LANが利用可能らしいが、メリアコイーバがシングル一泊1万円強なのに対して、サラトガは2万円以上する。だが、どうしても部屋で常時接続環境が必要な人はサラトガが良いだろう。


3時になったので部屋にチェックインする。部屋はシングルで取っておいたのだが、7階の部屋へ入ってみると、セミダブルベッドが2つ並びキングサイズベッドになっていた。窓からはマレコンの海がみえるオーシャンビューの部屋だったが、景色には、あまりリゾート感がない。
しかし部屋は綺麗で広く、エアコンも良く効くし、心配していたシャワーのお湯の出もよく、快適に過ごせそうだ。


この日は夕方シャワーを浴びた後、旧市街にでも行ってみようと思っていたのだが、時差のせいか疲れていたからなのか、シャワーからあがったあとベッドで横になっていたらそのまま寝てしまい、起きると夜の11時になっていた。起きてから部屋のドアの下を見るとメッセージカードが落ちていて、Joseがホテルを訪ねてくれたらしい。
そうだった…、部屋番号を電話すると言っておいて、電話するのを忘れていた。せっかく訪ねて来てくれたのにJoseには悪いことをしてしまった。
明日、謝りの電話をしないといけないな。今日はもう、このまま寝ることにしよう。

Posted in キューバ旅行メモ 9 years, 8 months ago at 5:27 PM.

1 comment

Comments(1)


コメントを残す