キューバ産葉巻専門店 CubanCigar.jp

キューバ産葉巻のオンラインショップ CubanCigar.jp のオフィシャルブログです。
前の記事:   次の記事:

Havana現地レポート 2012年3月1日(木)

2012年 第14回 Habanosフェスティバル 4日目の速報レポートです。早いもので、今回のフェスティバルも残り一日となってしまいました。レポートを読まれると、キューバに来て日がな一日葉巻をくゆらして、実に優雅な話だと思われるかもしれません。しかし実際は、怒涛の毎日といった感じです。

さてレポートの前に、2~4日目までに配布された葉巻をご紹介しておきましょう。上から順に2日目、3日目、4日目の葉巻です。

dsc04549

2日目は一日「プランテーションビジット」プログラムでしたが、葉巻が配布されたのはランチタイムの2本です。オリジナルのリング巻きで、一つにはLCDHのリングも巻かれています。

dsc04548

3日目はセミナー中心のプログラムでしたが、午前中は自分でまいた葉巻1本、ランチにH.アップマン コネスールNo.1、午後のフレーバー&アロマのプログラムでパルタガス ルシタニアス1本でした。ルシタニアスは燻らしてしまったので写真はありません。

dsc04547

4日目は、午前中にエル・ラギートでコイーバ シグロ1、ランチにモンテクリスト ペティ・エドゥムンド、午後からのブラインドテイスティングで3本、そしてこの日最後のプログラムで謎のリングが巻かれた2本でした。

それから、フェスティバルの中身以外の事でもいろいろと起こっているのですが、子細に書き出すと終わらないので箇条書きで書いておきます。私の忘備録みたいなものですね。帰国後に詳細をアップしますので、例によって気長にお待ちください。

・偽葉巻を売りたいが、初めはそんなことをおくびにも出さない新手の偽葉巻売りについて行ってみる
・Habanosフェスティバルのレジストレーションは要注意
・Habanosフェスティバルは時々、とんでもない段取りでゲストを迎える
・エル・ラギートのマスタートルセドールと知り合いになる
・某Habanos工場のトルセドールから、横流し品のオファーを受ける
・フェスティバルで知り合った各国の面々
・レギュラーラインを超えるハウスシガー2種を発見
・レンタカーでロバイナ農園を目指すも断念
・製造終了のレアシガー探し中に、日本語を話すハバナ大学学生と知り合う
・今年のパルタガスフェスティバル日程
・フェスティバル期間中、個々のLCDHで開催されるパーティーイベント
・置いてけぼり注意!集合時間と場所は何も知らされないHabanosフェスティバル

さてあらためまして、本日第4日目のレポートです。
この日のプログラムのハイライトは、何と言ってもこの日一番目のプログラム、「エル・ラギート工場見学」です。以前からHabanosスタッフのコネを使っても、どうしても見学することのできなかった、この謎多き工場を見学できて、しかも撮影もし放題という年に一度だけの大感謝祭です。今回のフェスティバルで、個人的に一番熱かったのがこのプログラムでしたね。
トルセドール、トルセドーラ達は意外に若い人も多く、まずこれが予想外でした。そして若くしてマスタートルセドール(レベル9)となっている人も多くいて、さすがエル・ラギートだと感じました。
以前、タクシーに乗って運転手に「エル・ラギート」って言ったら「行ってはいけないんだ」と断られたほどに秘密めいた工場だったので、トルセドール達も厳格な感じなのかと勝手な固定観念ができていたのですが、行ってみるとみんな明るくサービス精神旺盛なんです。これも良い意味で期待を裏切られました。もう場所もわかったので、自分で行くことができます。もちろん中には入れませんが。

dsc04448
dsc04372
dsc04354
dsc04388
dsc04395

そして2か所目の工場は、ラ・コロナ工場です。この工場、すごい人数のトルセドール達が働いています。この工場見学で初めて見て、なるほどと思ったのがダブルフィグラドの葉巻の巻き方です。サロモネスやクワバなどの葉巻ですね。この工場は、45分という超駆け足で見学してからランチとなりました。

dsc04458
dsc04472

午後からはブラインドテースティングのプログラムだったのですが、ここでトラブル発生。明日のガラディナーのチケットがもらえていないことが判明。その処理をしていたら、ブラインドテースティングのプログラムに参加できなかったのです。いや~真剣に腹が立ちましたね。他の参加者にも、チケットをもらえていない人がいて、「Habanosのレジストレーションの段取りは最悪だ」と皆が口々に不満をぶちまけていました。このガラディナーのプログラム、一人US$525なんです。そのチケットが余っているのにほったらかしで、こちらから言いにいかなければそのまんまというのも、実にキューバらしいですね。

そして最後は「Habanosポートワイン」という、出てみなければよく分からないプログラムに参加。前日のラムと同じで、葉巻とポートワインの組み合わせは、非常に相性がいいですよー、楽しんでねー。というような趣旨のプログラムでした。というか、そう解釈しました。でも相性がいいことは改めて実感しました。ラム、ポート、マディラこれらは間違いなく葉巻に合うと思います。

dsc04521
dsc04540

明日はブラインドテースティングのファイナルコンテスト、そして夜はガラディナーです。
ブラインドテースティングは出たかったですね。もしかしたらファイナルに行けていた可能性もあったわけで、非常に悔いの残るトラブルでした。しかし気を取り直して、明日は最終日となるフェスティバルを満喫してきたいと思います。

Posted in キューバレポート 6 years, 9 months ago at 11:14 AM.

Add a comment

Comments(0)

以下のフォームからお気軽にコメントを残してください。
コメントの掲載には時間がかかる場合があります。ご了承ください。


コメントを残す